十字架がつきました!





教会のシンボルといえば、十字架ですよね。

前美田園会堂は家の教会だったので、十字架を立てたくてもなかなか難しかったのですが、新会堂には会堂を見た誰でもすぐに教会とわかるように、十字架をつけました。


ステンレス素材でスタイリッシュな十字架に仕上がりました。


みなさんは十字架にどんな意味があるかご存知ですか?

実は十字架は古代ローマにおける、死刑道具でした。

それを聞くと、なぜそんな不気味なものを!?と思われるでしょう。


聖書には、人間が神様に罪を犯し、その罪の刑罰が地獄だと明記されています。しかし、神様はそこからなんとか人間を救う方法はないかと考え、大切な自分のひとりごイエス・キリストを人間の罪の身代わりに十字架で処刑したということが書かれています。

私たちクリスチャンは、そのイエス・キリストが十字架にかかって死なれたことによって、地獄や罪から救われていることを信じ、喜び、唯一の誇りとしている者たちなのです。


そういう意味があるので、十字架は神様の愛・赦し・救いの象徴であり、クリスチャンの喜び・希望の象徴なのです!




閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示